エコバッグの素材|利用目的に合わせた素材の選び方を解説

エコバッグを使うならどんな生地?それぞれの素材の特徴!

全国でレジ袋が有料化となり、生活にかかせないアイテムとなったエコバッグ。そんなエコバッグですが多種多様な商品があり「結局どれを選べばいいの?」と迷っている方は多いのではないでしょうか。

販促品・ノベルティとしてエコバッグは大変人気のある商品となっており、たくさんの方にお求めいただいております!今回はそんなエコバッグを選ぶ際に重要となってくる、エコバッグの“素材“についてご紹介をいたします。

 ポリエステル生地

定番素材のポリエステル生地。衣料用商品でも多く利用されているので、目にする機会が多い素材ではないでしょうか。

ポリエステル生地は厚みの種類も幅広く、好みやご利用シーンに合わせてお選びいただけるのも大きなポイントです。薄手なら折りたたみやすく収納に最適なバッグ、厚手なら重い荷物も耐えられる耐久性の高いバッグ、など様々な機能を発揮できる素材になります。そのためポリエステル素材のエコバッグはバリエーションが豊富に存在しています。

また、水に濡れても縮むことや型崩れが起きにくく、速乾性があるのも特徴です。そのためお手入れが簡単で、かつ長く使用しやすい素材と言えるでしょう。なので実用性や扱いやすさを求めるならポリエステル生地のエコバッグがおすすめです。また、印刷の発色の良さもあるので、名入れの印刷を希望される方にも好まれている素材のひとつです。

不織布生地

不織布生地は名前の通り“織らない布”のことです。PPやPETなどの繊維を一定方向またはランダムに重ね、熱や科学的に結合させたシート状の布のことをいいます。

不織布の大きな特徴は、安価であること。低いコストを求められる方には不織布のエコバッグがおすすめです。また安いだけではなくカラーも豊富にありますので、イベント等のノベルティには使いやすい素材と言えます。不織布のエコバッグはノベルティアイテムの根強い定番商品としてご好評いただいています。

コットン生地

コットン生地は綿のやわらかな肌触りと素朴な雰囲気が特徴的で、多くの方に愛されている素材のひとつです。

生地の厚さは様々で、薄いものから厚いものまであります。展示会やイベント等でノベルティとして使われるエコバッグは薄手のものが多く使われています。「コットン製」といえばナチュラルカラーのイメージが強くあると思いますが、コットン生地は染色しやすく、発色がいい性質があるため、色や柄を楽しめるのも魅力の一つです。

ただ吸水性に優れている生地なので、洗うとシワになりやすく縮みやすい、また乾きにくいという特徴もあります。少し取り扱いに注意が必要かもしれません。肌触りや見た目の演出を大事にされている方はコットン生地のエコバッグから選んでみてはいかがでしょうか。 

デニム生地

「デニム」生地は厚手のコットン糸を使った織物です。タテ糸にインディゴで染色した糸、ヨコ糸に白糸を使用して綾織りをしている生地が一般的です。

デニム生地の質感やイメージはご想像の通りだと思います。デニム生地は耐久性もあり、カジュアルな素材感がエコバッグでも人気があるようです。

素材以外の着目点!エコバッグに求められる機能とは

エコバッグは機能性を求められやすい商品です。素材も含めて以下の項目に考慮した最適なものを選ぶといいでしょう。

①容量

スーパーでまとめて大容量に使用するのか、コンビニでちょっとお買い物などで使用するのかなど、活用シーンによってサイズを選ぶといいでしょう。

②耐久性

2Lのペットボトルなど重い荷物を入れる場合は、生地が弱いと破れてしまいます。重さに耐えられる丈夫さや耐久性も着目ポイントです。

③コンパクトに折り畳める

使用しないときに小さく折りたたむことができれば、荷物もかさばらずに済むので携帯に便利です。

④保冷温機能

内部がアルミ蒸着フィルム貼りの仕様であれば、温度を保つことができるので食品等を扱うには最適なバッグです。

⑤防水性・撥水性

肉や魚や野菜など、生ものは汁がこぼれてしまうことも考えられます。また雨の日も使用することを考えると、水気に強い機能性のバッグは需要があるといえるでしょう。

⑥持ち運びしやすい形状

見落としがちですが持ち運びやすさも重要です。肩掛けがしやすい長さのハンドルや、お弁当を入れても傾かないマチの広さなど、さまざまな観点で大きなポイントになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご紹介した素材のほかにも春夏には爽やかな「ジュート」生地、秋冬には温かみが感じられる「フェルト」生地、など他にも季節にぴったりなエコバッグの素材がたくさんあります。販促品・ノベルティの専門メーカー丸辰では、目的に合わせたエコバッグのご相談も受け付けておりますので、ご希望がありましたらぜひ一度ご相談ください。

 

関連記事:エコバッグの洗い方|清潔に保つ洗濯方法とお手入れの仕方とは?

関連記事:サステナブルなノベルティとは?|SDGsに取り組む企業の販促品

記事検索

キーワード
keyword

カテゴリー
category