ブランケットを贈ろう!サイズの違いと選び方

肌寒い季節に、気軽に羽織れるものが欲しかったり、足元だけ温めたい時などはありませんか?そんな時にぴったりのアイテムが、ブランケットです。ブランケットは秋冬のノベルティグッズの定番になっています。あたたかな気持ちになるブランケットは贈り物として最適です。こちらの記事ではそんなブランケットのサイズや、シーンに合わせた選び方をご紹介します。

ブランケットとは?

ブランケット(blanket)は、英語で「毛布」という意味です。名前の由来は、フランスのブランシェ(白い毛織物)がイギリスに渡り、英訳されてブランケットになった説や、イギリスの織工のトマス・ブランケットが初めて織り出した説など、諸説あります。ちなみに、日本語の「毛布」の語源は、ブランケットの「ケット」の当て字で、次第に音読みで「もうふ」と呼ばれるようになりました。

一般的に日本では、寝具で使う毛布よりも薄地で軽量なものを、ブランケットと呼んでいます。羽織って全身を温めたり、ひざに掛けて足元の冷え対策などが出来るアイテムです。大きなサイズのものは寝具として使うことも出来ます。また、マフラーやストールにして使えるものもあり、汎用性が高いのも特徴です。

ブランケットはどこで使うもの?

移動中の車内や自宅、オフィスなどの室内だけでなく、スポーツ観戦時やキャンプ場などのアウトドアな場所でも使用されています。

ブランケットはいつ使うもの?

冬場はもちろんですが、秋口、春先の肌寒い季節に、防寒アイテムとしてよく使われます。寒い季節以外にも、夏場の冷房の効いた室内などにもあると便利です。防寒アイテムとしてだけでなく、お昼寝の際のタオルケット代わりにしても良いかもしれません。季節を問わず、オールシーズン活躍するアイテムとして、1枚持って置くことをおすすめします。

ひざ掛けとの違いはある?

ひざ掛けは、1メートル四方の大きさのもので、ひざや肩に掛けたりして使用します。それに対して、ブランケットには、様々なサイズがあります。使い方も、ひざ掛け、肩掛け、マフラーや、毛布として使うなど、大きさによって用途も様々あります。

大きな違いは特にありませんが、ひざ掛けは小さめのサイズで用途が決まっているもの、ブランケットは定義が幅広く、マルチに使えるものというイメージです。

ブランケットのサイズの種類

ブランケットには様々なサイズのものがあります。大きく3種類に分けてそれぞれの特徴をご紹介します。

シングルサイズ

体全体を包み込んでくれるサイズ感のブランケットです。シングルベッドにちょうど良いサイズ感になっています。掛け布団の上からかけて、寝具として使用するのが良いでしょう。羽織り物として使用すれば、体全体を暖めることが出来るので、寒い冬にもぴったりです。ベッドスローにしたり、ソファに掛けたりと、インテリアとして楽しむことも出来るサイズになっています。

ハーフサイズ

腰掛けやソファに横になる際に使用するのに便利なサイズのブランケットです。お家でのリラックスタイムに適しています。お昼寝のタオルケット代わりにもちょうど良いサイズです。羽織る、くるまる、腰やひざなどに掛ける、畳んでクッション代わりにする、などマルチに使うことが出来ます。

ひざ掛けサイズ

ひざ掛けや、肩掛けにちょうど良いサイズのブランケットです。畳むとコンパクトになり、持ち運びもしやすいサイズになっています。ノベルティ業界では、特に需要のあるサイズです。かさばらず、ちょっとした贈り物に最適です。

場所に合わせたブランケットサイズの選び方

どのサイズのブランケットをどこで使うのがベストなのでしょうか。使用する場所に合ったおすすめのサイズをご紹介します。

寝室で使うのがおすすめ:シングルサイズ

寝室のベッドなどで使用する際には、大判の「シングルサイズ」のブランケットがぴったりです。ベッドのサイズに合わせて、選ぶのが良いでしょう。

リビングで使うのがおすすめ:ハーフサイズ

リビングのソファなどで過ごす時間に使用する際には、「ハーフサイズ」のブランケットがぴったりです。ゆったりとお昼寝にも使えるサイズ感で、リラックスタイムにちょうど良いでしょう。

ダイニングで使うのがおすすめ:ひざ掛けサイズ

ダイニングでのお食事や勉強時などで使用する際には、「ひざ掛けサイズ」のブランケットがぴったりです。テーブルの下でもかさばらないサイズ感で使うことが出来ます。

オフィスで使うのがおすすめ:ひざ掛けサイズ

オフィスでの作業時間で使用する際には、「ひざ掛けサイズ」のブランケットがぴったりです。デスクワーク中に足元が冷えた時のひざ掛けとして、体が冷えた時に肩掛けとして使用するのにちょうど良いサイズでしょう。

アウトドアで使うのがおすすめ:ひざ掛けサイズ

スポーツ観戦やキャンプなどのアウトドアな場所で使用する際には、「ひざ掛けサイズ」のブランケットがぴったりです。ひざ掛けサイズはコンパクトになるので、持ち運びがしやすいです。携帯しやすいやポーチ付のものや、コンパクトになるポケット付のものを選ぶのがおすすめです。

ブランケットのおすすめ商品

ブランケットには、様々な素材のものが存在します。また、デザインも、シンプルな無地のものから、柄生地までたくさんのものがあります。その中でもおすすめの商品をご紹介します。

素材感がかわいいブランケット

厚手のボア生地やキルティング生地は、他とは違った素材感が魅力です。見た目のかわいさだけでなく、とても暖かく機能性の高い商品となっています。

箱入りのギフト向きブランケット

高級感のある箱入りのブランケットは、ギフトとして喜ばれること間違いなしです。

名入れも出来るシンプルな無地ブランケット

シンプルな無地のブランケットは、老若男女を問わず贈りやすいです。おすすめ商品は、ポケット部分に名入れも出来て、ノベルティとしての需要が高いものになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ブランケットには場所や目的に合ったそれぞれのサイズがあります。シーンに合わせて複数枚のブランケットを持つのも良いでしょう。今回の記事が、皆様のブランケット選びに役立つと幸いです。この機会にぜひ、ノベルティとしてもブランケットをご検討ください。

記事検索

キーワード
keyword

カテゴリー
category