公園遊びに便利な持ち物はこれ!ファミリー層への販促におすすめのノベルティ

晴れた過ごしやすい季節は特に、お子さまを連れて近場の公園へ遊びに行ったり、ちょっと遠くの大きな公園にピクニックに出かけたりなどする機会も多くなるのではないでしょうか。

体を動かして遊ぶことはもちろん、五感で自然に触れることで想像力が働くのもいい刺激になりますね。

そんな時にあると便利な公園遊びにもってこいの持ち物、特にファミリー層に向けたイベントや催し物で販促品としてお渡しすれば、喜ばれること間違いなしだと思いませんか?

流行のアウトドアブームにも乗ることができる、話題性と実用性を兼ね備えたとっておきの販促品カテゴリーです。みなさまの集客イベントに是非お役立てください。

公園遊びに行く時に欠かせないもの

まず公園遊びに行く際に必須の持ち物はこちらです。

財布

もちろん必須の持ち物ですね。ただ近場の公園遊びだと大金は必要ないと思いますので小銭が入る程度の簡易なポーチでもいいと思います。あとは意外と忘れてしまいがちな『子どもの保険証や医療証等』もお忘れなく。 

スマートフォン

こちらも今や必須の持ち物ですね。いざという時の緊急連絡手段としてもですが、おそらくメインの使い方はお子さまの写真や動画を撮るほうになるでしょう。

ハンドタオル

ハンカチよりはタオル生地がおすすめです。手洗いの際はもちろん、万が一ケガをしたときに水で濡らして応急処置にも使うことができますよ。

ティッシュ

意外と忘れがちなのがティッシュ。特に鼻水が出るお子さまは遊びに夢中で気づかないこともあるので、ポケットティッシュを一つは常備しておきましょう。

 

水筒

暑い季節でなくてもお子さまは知らず知らずのうちに汗をかいているので、熱中症対策はもちろんこまめな水分補給には気を付けたいですね。

特に暑いと冷たい飲み物が欲しくなるので、保冷温機能のあるステンレスボトルが便利です。また小さいお子さまだと直飲みタイプよりはコップタイプの方がおすすめです。

除菌グッズ

コロナ以降は特に重要度が上がったアイテムですね。除菌ウェットティッシュや除菌ジェルなど、ウイルス対策にはもちろんですが、大きな公園だと近くに洗い場がないこともあるので、お子さまの汚れた手や食べこぼしを拭きたい時にも重宝します。

関連記事:よく聞く 【殺菌/滅菌/除菌/抗菌】 強さが違う?その効果と違いを徹底解説

場合によってはあると嬉しいもの

その他にも季節や時間帯、遊びに行く場所によってはあると役立つ持ち物はこちらです。

お弁当類

家族で大きな公園に遊びに行く際は、芝生でお弁当を広げて食べると普段とは違う美味しさが味わえますよね。せっかくだと考えてお弁当も凝りたくなると思いますが、お弁当といえばで誰もが思いつく定番もののほうが喜ばれることが多いのでおすすめですよ。

軽食、お菓子

長時間遊んでいると突然「おなかすいた~」と言われてしまうことも。お互いイライラしないためにも小分けのお菓子を用意しておくと安心です。

大きいタオル

小さめのタオルの他にもあると便利なのが大きめのタオル。知らずに出かけた先が水遊びができる公園だと服のまま遊んでしまうこともしばしば。また飲み物をこぼしてしまった時にも助かります。

着替え用の服

大きいタオルと同じく用意しておくと助かります。水遊びだけでなく汗でびちょびちょなままだと風邪をひいてしまうので、1セットは持っていくと良いでしょう。

ビニール袋

お弁当やお菓子を持っていく際は必須の持ち物になります。公園ではごみを持ち帰るのが基本なので忘れずに持っていきましょう。濡れた服やタオルを入れる時にも役立ちます。

ばんそうこう

必ずケガをしないとは言い切れないので、万が一のためにも持っていく方がよいでしょう。

レインコート

大丈夫だと思って出かけてみても急に天候が悪くなるのもしばしば。お子さまは傘よりもレインコートの方がおすすめです。小雨なら着たままでも遊べますしね。忘れがちなアイテムなので小さく収納できるタイプをカバンに入れておくといざという時にありがたいです。

おむつ・おしり拭き

おむつが外れていない小さなお子さまと遊び際にはマストですね。

暑さ対策

真夏では特にお子さまも大人も必ず気を付けたい熱中症。帽子をかぶるのはもちろん、保冷材や濡らすとひんやりする首巻などきちんと暑さ対策をして遊びましょう。大人の方には塩飴もあると熱中症対策になります。

虫除けグッズ

自然が多い公園ほど多くいるのが刺されると嫌な蚊やブヨですね。夕方などは特にです。スプレータイプやシールタイプなど様々な虫除けグッズはありますので、夏の必須アイテムとして常備しておくといいでしょう。

日焼け止め

こちらも夏には必須となるアイテムです。赤ちゃんでも使える日焼け止めもありますのでこちらも常備がおすすめです。

休憩場所の確保も忘れずに

特に大きな公園に出かける際にまず確保しておきたいのが、お昼ごはんやひと休みする時に必要な休憩場所の確保。意外と長時間公園に滞在することになるので、快適な場所づくりも重要なポイントになります。

レジャーシート

まずは場所づくりに必須となるレジャーシート。使う人数により必要なサイズも異なりますが、サイズに余裕があれば寝っ転がったりもできるのでより快適さも増します。

平らで乾いた芝生であれば薄いシート状のだと持ち運びも軽くてラクですが、雨が降った次の日だったり場所によっては凹凸があったりもしますので、裏地が汚れても大丈夫な仕様で厚手のしっかりしたレジャーシートもおすすめです。

持ち運びや必要なサイズ感、手触りなど好みのもありますので、レジャーシート選びはじっくり考えてみましょう。

折りたたみチェア

少し荷物になってしまいますが、折りたたみチェアがあると特に大人の方が快適に休憩できます。お子さまと遊んでいると疲れてしまいますからね。

持ち運びに便利な小さく軽いものから、ボトルホルダーも付いたゆったりと腰かけられる大型のいすもありますので、用途に合った最適なものを選ぶといいでしょう。

テント

大きい公園だと特に日差しを遮るものも少なかったりしますので、簡易のテントがあると長時間でも大変快適に過ごせます。

日差しや暑さ対策になるほか、お子さまのおむつ替えから大人の着替え、遊び疲れた後のお昼寝などに重宝します。

設営方法もパッと広げるだけで簡単にテントになる『ポップアップ式』や、ワイヤーでしっかりと固定する丈夫で広めの『ワンタッチ式』などあり、また人数によっても必要なサイズが異なりますので、用途に合った最適なものを選ぶといいでしょう。

アウトドアワゴン

ここまでご紹介してきた荷物を全て手で持ち運ぶとなると大変ですが、そんな時におすすめなのがアウトドアワゴンです。特に大きな公園だと威力を発揮します。

下にタイヤがついている大きく丈夫な荷物入れなので、必要な荷物を丸ごと全部運び、公園に着いたらそのまま荷物置きに、いざとなったら疲れたお子さまも乗せられる大変便利なアイテムです。

子どもと遊ぶおすすめアイテム

公園にもっていきたい遊び道具はこちらです。お子さまの年齢で好みも変わるので遊びながらいろいろ試してみるのが良いですね。

砂場遊びセット

まず持っていきたい必須の遊び道具です。大抵の公園に砂場はありますので、お山を作ったり木の実や枯れ葉を集めたり、型をつかったごっこ遊びなど、ほとんどのお子さまは飽きることなく遊ぶのではないでしょうか。

ゴムボール

少し広い場所があればボール遊びもおすすめです。万が一当たっても痛くないように柔らかめで持ち運びしやすいゴム製のものが安心です。

シャボン玉

シャボン玉はご家庭でもできますが、広い場所で遊ぶとよりお子さまも大はしゃぎで遊びます。まだ拭くことが難しい小さいお子さまには電動式やポンプ式などがおすすめです。

バドミントン

普通のバドミントンだと小さいお子さまには難しいですが、簡易のものなら楽しめます。広い公園に遊びに行く際には特におススメです。

水鉄砲

夏場は特にお子さまが必ず喜ぶこと間違いなし。最近は大容量のバズーカー系や水の入ったタンクを背負うリュック系もありますので、お子さまの年齢や好みに合ったものを探してみましょう。

持ち運びのバッグ選びも重要です

ご紹介してきた持ち物ですが、それらを入れるバッグ選びももちろん重要になってきます。荷物の量や公園までの移動手段でも便利なバッグの種類が変わってきます。さらに使う方の好みもありますので公園遊びといえどバッグ選びは重要です。

小さなものを入れるおすすめバッグ

近場の公園に行く時や、遠くにお出かけする際にも遊んでいる最中に持っておきたい持ち物を入れるバッグは、持ち運びしやすくかさばらないサコッシュやウエストポーチなどがおすすめです。

財布・スマートフォン・ハンドタオル・ティッシュなど最低限の必須な持ち物が入り、邪魔にならないサイズ感のものを選びましょう。

かさばるものを入れるおすすめバッグ

長時間公園に滞在する際には荷物もなにかと多くなってしまいます。

大容量のほうが便利のはもちろんですが、丈夫で軽く多少の水濡れも気にならない素材のバッグですと、たくさんの遊び道具やタオルや着替え用の服などを気にせずドサッと入れられるので、遊びつかれて帰る際にもストレスなく持ち運べます。

またお弁当などを持っていくときは、内側にアルミ蒸着の生地が付いた保冷温機能付きのバッグがあると夏場でも安心です。他にもメッシュ生地を使用しているバッグでしたら、砂汚れが付いた遊び道具も気兼ねなく入れて持ち運べます。

用途や必要なサイズによって最適なバッグが変わりますので、いろんな種類のバッグを持っておくといいでしょう。

まとめ

こちらでご紹介しました持ち物を持っていけば、楽しい公園遊びの時間を過ごすことができると思います。そしてイベントや特典でこのようなアイテムを配布すれば、特に小さなお子さまがいるファミリー層の方に喜ばれること間違いなしです。

せっかくのノベルティ・販促品を使う機会ですので、実用性があり話題性もある販促効果の高い「公園遊びに便利な持ち物」はおススメです!

記事検索

キーワード
keyword

カテゴリー
category