夏の販促トレンドとおすすめノベルティ【2022年度版】|豪雨対策・夏祭り・夏休み・防災の日

春から夏へ。梅雨のジメジメとした蒸し暑い時期に始まりそれを過ぎるとカラッとした夏本番!夏は春の入学式や母の日のように明確なイベントが少ない季節です。

しかし、夏休みやお盆休みなどの大型連休もあり帰省や旅行などを企画される方も多いでしょう。また、「海の日」や「山の日」のような祝日からも分かるように海や川にハイキングなどのアクティビティやバーベキューやキャンプなど家族や友人と屋外レジャーを楽しむことが多くなるシーズンです。また夏休みには各地域で夏祭りや花火大会などのイベントも催されますので、そういったイベント時に使ってもらえる販促品を選びたいですね。
そして夏から秋へと移り変わる9月は1日が防災の日です。夏から秋にかけてはゲリラ豪雨や台風などの自然災害も多くなる季節ですので、その防災意識の高まりから販促品業界でも防災グッズが非常に注目されます。そのあたりもイベント・催事担当者は要チェックですね!

ここではそうした夏のイベントや季節の特性からどういったモノが求められているのかを紐解き、おすすめのノベルティ・販促品を提案いたします!

夏の祝日

  • 海の日・・・2022年7月18日(月)
  • 山の日・・・2022年8月11日(木)

主なイベント

  • 夏祭り
  • 花火大会
  • 夏休み
  • お盆
  • 七夕(7月7日)
  • 防災の日(9月1日)
  • 土用の丑の日(7月23日、8月4日)

家族イベント

  • キャンプ
  • 海水浴・プール
  • 旅行
  • 帰省

スポーツイベント

  • 夏の高校野球
  • インターハイ

夏の主な販促キャンペーンとその特徴

こちらは各地で開催されているキャンペーンやフェアの一例です。

  • サマーフェア
  • サマーセール
  • 夏得フェア
  • 夏のボーナスキャンペーン
  • 暑い夏を乗り切ろうキャンペーン
  • 夏休み旅行応援キャンペーン
  • お盆休みキャンペーン
  • 暑中見舞いキャンペーン
  • 残暑見舞いキャンペーン
  • 防災フェア

夏は他の季節と比べて祝日も少なく明確な行事やイベントもあまり多くありません。そのかわり夏の長期休暇を利用して家族や個人で旅行などを企画してイベント化するのが特徴といえます。そのため店頭でも「夏を楽しもう!」「夏を乗り切ろう!」といった抽象的なキャンペーンやフェアを開催しているのが特徴です。
また、この季節は「夏のボーナス」「お中元」などもあり百貨店やデパートが賑わいます。ギフトを求める方や高額の買い物をされる方も多いのでそうした方に向けた販促品やノベルティも提案できるでしょう。
「暑中見舞い」や「残暑見舞い」と銘打ったキャンペーンも行われています。暑中見舞いや残暑見舞いとしてお店がプレゼントキャンペーンを企画することがありますのでそうしたイベントに向けた商品提案もできるかもしれませんね!

このようなキャンペーンやフェアが開催されるということは、販促品やノベルティ・粗品を配布する絶好のチャンスとも言えます!

テーマ別おすすめ夏グッズをご紹介

「このイベントでは消費者が何を求めているのか。」「この季節に何を配れば喜んでもらえるのか。」季節や時勢、イベントの内容を理解して販促品やノベルティを選定する必要があります。

ここでは様々なイベントや夏の特性から、テーマ別に最適な販促品やノベルティをご提案いたします。

アクティブグッズ

夏休みがあるこのシーズンは家族や友人と海水浴やキャンプなど、アクティブレジャーを行う機会が増える季節です。そうしたアクティブなレジャーにピッタリのグッズを、販促品やノベルティとして配ればきっと喜ばれるでしょう。

ポップアップテント

日帰りの行楽など日光や風をしのげるポップアップテントは、夏のシーズンに一つあるととても重宝します。海や川など日差しを遮るものが少ない場所では欠かせないグッズですね。食べ物の温度上昇を軽減させるなど、様々な用途で活躍します。広げるのが簡単なうえに折りたたむとコンパクトになるので、車に常備しておくのも良いでしょう。

保冷温バッグ

海や川、家族・友人宅でバーべキューなど、夏は屋外で食事をする機会も多くなります。そうした時にたくさんの食材や飲み物を入れておける保冷バッグは大変便利です。バッグタイプはクーラーボックスに比べ、未使用時に畳んでおけるので保管する時に助かりますね!

はっ水バッグ

梅雨時期や台風のシーズンに便利なはっ水生地で出来たバッグ。海や川、プールなど、水場や濡れる恐れがある場所へ出かける時にもこれなら安心です。

ステンレスクッカーセット

登山などで活躍するクッカーセット。流行中のメスティンをはじめ様々な物があり、こうしたポータブルサイズの商品は登山だけでなくキャンプやピクニックなどレジャー全般で幅広く人気です。販促品としても非常に人気で、スプーンとフォークがセットされたものなどは屋外料理初心者の方でも使いやすいのでおすすめです。

梅雨・豪雨対策グッズ

春の終わりから夏の始まりまでが全国的に梅雨のシーズンとなります。また、梅雨の時期が過ぎると台風シーズンが始まり、ピークは7月から9月くらいになります。
また、近年は夏場を中心にゲリラ豪雨も頻繁に降るようになり定番化してきましたね。そうした夏から秋へかけては雨対策のグッズの需要が非常に高くなります。
これまでの販促品の定番であった傘だけでなく近年は急に雨が降ってきた時に便利な携帯性の高い傘ポーチやコンパクトなレインポンチョなどが人気があります!

防災グッズ

9月1日は防災の日。夏から秋へ移り変わっていくこのシーズンは防災への意識が非常に高まります。店頭などでもそうした防災グッズを販促品として配ることが多くなります。
防災グッズは日頃から出し入れすること・使うことがあまりないのが特徴です。ですのでいざという時に「使い方が分からない」「役に立たない」ではいけません。家庭に備蓄しておくことで安心でき、いざという時に役に立つことが肝心。そうした実用性を意識した販促品・ノベルティの選定が大切でしょう。

ハンディライト

夜間の災害時に最も重要で活躍するのがライトです。販促業界でもライトは昔から定番品ですが、現在はCOBのように明るさに特化したライトや普段の生活でも使えるおしゃれな形状でありながら災害時にも力を発揮するライトなど様々なライトがあります。

ポータブルラジオ

災害が起こった時、避難する際の情報確認に活躍するのがポータブルタイプのラジオです。テレビやスマホ、インターネットで情報が分かる時代ですが、いざ災害が起きた際に停電になってテレビが観られないかもしれないし、電波障害やスマホの電池残量がなくスマホや携帯が必ず使えるとは限りません。そうした時に電池で動くラジオは大変便利です。老若男女が使いやすいこうしたポータブルラジオは家庭の備蓄として1台は持っておきたいですね!

防災セット

防災セットといっても様々な種類があります。コンパクトにまとめられた防災セットは携帯性もよく、万が一の際に備えて車に置いておいたり職場で保管しておくなどしやすく、人数分揃えておくのにも最適です。また少し高額ですがたくさんの防災道具が入ったセットなど一家に一つあると安心できるような防災セットも数多くあります。
予算やイベント内容・配布する数などにあわせて最適な防災セットを選びたいですね。

他にもある!夏におすすめもらって嬉しい防災グッズ!

セルフケア系グッズ

夏は他の季節以上に体力を消耗します。
もちろんアクティブに体を動かし汗をかくこというのもありますが、炎天下の中、紫外線を浴びていること自体が思った以上に体力を使って疲労に繋がります。
家にいても部屋の温度調整や体調管理を怠ると、自分でも気づかないうちに熱中症になってしまう危険性すらあります。そうした季節だからこそ入浴料などが入ったバスギフトやアイマスクなど、体を労わったりセルフケアになるグッズを販促品として配るととても喜ばれるのではないでしょうか。

帰省や旅行で活躍するグッズ

縦横つかえるバッグ

こちらのバッグは一般的なエコバッグの要素としても使えるうえに、向きを変えることで水平を保ちたいお弁当やピザ、お寿司などテイクアウトに使えるとっても便利な2wayバッグ。マチがついていてアルミ蒸着が施され保冷温の効果もある商品は実用性があります。夏は親族が集まったり友人が集まるなど大勢で食卓を囲む機会も多くなるのでこうした機能があるアイデアバッグはとても重宝されますね!

壁掛けポーチ

旅行などに持っていくと便利な壁掛けポーチ。収納時はコンパクトに収まり、使用したい時は壁などに広げた状態でかけられる便利グッズです。
旅行に持っていったり、車中でヘッドレストにかけて使うなど帰省や旅行で遠出が多いこの季節にピッタリのグッズです!

まとめ

ここでは2022年に求められているトレンドも踏まえて夏におすすめの販促品やノベルティグッズをご紹介しました。

夏は夏祭りや花火大会など楽しいイベントもありますが、一方で雨対策のグッズや防災対策グッズなどが求められる機会も多い季節です。販促品やノベルティを使う場所やシチュエーションを販促担当者がしっかり理解したうえで適した商品を提案することがとても重要といえます。そうした販促品やノベルティが提案できればきっとうまくいくのではないでしょうか!

 

 

春のおすすめノベルティはこちら!

 

丸辰へのリンクバナー

丸辰のホームページはこちら

丸辰の商品・カタログ・会社についてもっと詳しく知りたい方は、 ホームページもぜひご覧ください!

記事検索

キーワード
keyword

カテゴリー
category