ノベルティの効果は?有効活用する方法と効果を解説

みなさんは『ノベルティグッズ』という言葉を耳にしたことはありますか?『ノベルティ』とは、企業が「宣伝」や「販売促進」を目的として、ターゲットに無料で配布する記念品のことです。といっても、なかなかイメージしづらいかと思います。そこで今回は「ノベルティにはどのような効果があるのか?」という基本的な知識と、ノベルティを使用することで生まれる【集客効果】や、シーン別・ターゲット別の【おすすめノベルティグッズ】について解説します。

ノベルティの目的と効果

さて、無料配布のノベルティには実際どのような効果があるのでしょうか?ここでは企業がノベルティを用いる「目的」と、ノベルティを用いることで得られる「効果」をまとめて解説していきます。

1.消費者の興味関心を引きつける

みなさんはよく「○○円以上のお買い上げでノベルティをプレゼント!」という広告を見かけたことはありませんか?「ノベルティグッズが貰えるなら買おう」「せっかく買うならノベルティ付きのものにしよう」と、選ぶ方も多いのではないでしょうか?つまり、ノベルティには消費者の興味を引きつけ、購買意欲を高める効果があります。それに伴い企業の売上向上に繋がります。

2.消費者に自社をアピールする/認知度を高める

ボールペンやメモ帳、エコバッグなど、日常使いのノベルティグッズは、生活の中で使うたびに目にします。企業名や企業のロゴが名入れされている商品はより印象的で、認知度の向上に繋がります。何かのキッカケで社名を思い出してもらえたり、その流れでサービスを利用してもらえたりと、企業のアピール効果が期待できます。

3.既存の顧客を引き留める

どの企業でも競合他社は必ず存在します。他社に流れてしまう顧客を引き留めるため、ノベルティグッズを用いることも多々あります。他社にはないオリジナルノベルティグッズを配布することで差別化を図り、「ファン獲得」に繋がる可能性が高まります。

4.名入れで企業名や商品名を覚えてもらえる

ノベルティを単にバラまくだけでは十分な効果は期待できません。そこで、企業名やロゴをしっかり名入れしておくことが重要になってきます。カレンダーやボールペンなど、長期で使用できるものは企業名を目にする機会も多くなるので、企業や商品を長期でアピールすることができます。また、名入れしたノベルティグッズを名刺と一緒に渡すと相手により強い印象を与えることができます。

5.低予算で効率的に顧客を引き寄せる

テレビCMやネット広告、ポスター、パンフレットなど、さまざまなマーケティング方法がありますが、ノベルティグッズの制作や配布はそれらに比べると比較的低予算なので、コストを抑え、なおかつ効果的・効率的に宣伝することができます。ノベルティグッズは大量生産する場合が多く、ターゲットとなる層に対して大きな宣伝効果が見込めます。

効果的なノベルティグッズは?

さまざまなノベルティグッズがありますが、ターゲットに合ったノベルティを意識することで、宣伝効果が高まります。ここではノベルティ選びの基本的なポイントをいくつか解説していきます。

ターゲットの求めている商品を用意する

配るシーンや配る目的など、ターゲット像を明確にしておくことで、効果的に人を集めることができます。どんなターゲットであっても受け取る側が「もらって困らないもの」「もらったら嬉しいもの」であることが大前提になります。

企業イメージに合った物を意識する

企業のイメージに合うもの、ビジネスと関連のあるノベルティグッズを選ぶと相手に印象を与えることができ、更に企業のイメージアップにも繋がります。

実用性

老若男女に人気があるのは実用性のあるノベルティグッズです。メモ帳やボールペンなど毎日使えるシンプルなものや、トイレットペーパーや洗剤などの日常で使える消耗品など、ノベルティ選びに迷った際は実用的な商品を意識して選ぶのが無難でしょう。

季節性

春夏、秋冬などの季節感のあるノベルティグッズも人気が高く集客に効果的です。また、母の日や父の日、卒業・入学などのイベントに合わせたグッズも喜ばれます。しかし配布のタイミングにより、余ってしまう場合もあるので用意する数や、配布する時期には十分に注意しましょう。

話題の商品

イベントや展示会などで集客を目的とした場合は、話題となっているグッズや、目新しさのあるグッズを選ぶと効果的です。実用性のあるものと比べると一時的なブームではありますが、目に付きやすくたくさんの人を引き込む効果があります。

シーン別おすすめノベルティ

ノベルティを使用するシーンは多種多様です。次はシーン別で定番のノベルティを紹介していきます。

来場記念・参加記念

イベントに参加してくれた方にお贈りするノベルティグッズです。「ポケットティッシュ」や「エコバッグ」など、比較的安価でたくさんの方に配布できるもの、または実用的なものがおすすめです。

契約時のプレゼント

「ご契約時に○○プレゼント!」というように、サービスのご購入時におまけとしてお渡しする品物です。購入した金額により、低価格~高価格のものまで、価格帯は幅広いですが、トートバッグやタンブラー、タオルセットなど実用的な商品が喜ばれます。

季節のご挨拶・訪問時の手土産

お世話になったお客様にむけてお贈りするノベルティグッズです。タオルセットや洗剤セットなど「もらって困らない」実用的なグッズや、うどん、蕎麦などの日持ちする食品がおすすめです。

創立記念・周年記念など

5周年、10周年などの周年記念にお客様に感謝の品をお贈りすることがあります。そんな時はライト、ランタン、タンブラーなどの実用的かつ、印象に残る価格帯の高いベルティグッズが喜ばれます。

関連記事:周年記念品とは?名入れのメリットや失敗しないためのポイント解説

卒業記念

卒業を迎える方へ、感謝と労いの気持ちを込めてお贈りするノベルティです。所属名や学校名を名入れするのが主流になっており、メモ帳やカレンダー、付箋など日常で使用できるステーショナリー系や、タンブラーなど長期で使用できるグッズが人気です。

ターゲット別のノベルティ

ノベルティを渡すシーンもさまざまであれば、ターゲットもさまざまです。ここではターゲット別に好まれやすいノベルティグッズの例をご紹介します。

一般消費者向け

日用品、消耗品が好まれます。持ち運びのしやすいものや軽量のものにするなど配慮しておきましょう。受けってもらいやすいものを意識すると効果的です。

おすすめカテゴリー

手帳、ボールペン、付箋、エコバッグ、など

家族向け

実用的かつ、家族みんなで使えるものや、子供向けのキャラクターものなどが好まれます。

おすすめカテゴリー

衛生用品、ハンドソープ、タオルセット、キャラクターグッズなど

行楽シーズン向け

屋外イベントの多いシーズンではアウトドアに関連したノベルティグッズが好まれます。また、ウェットシートやアルコール除菌など、屋外でも使用できる衛生用品も人気の高いグッズです。

おすすめカテゴリー

ウェットシート、レジャーシート、キャンプ用品

関連記事:公園遊びに便利な持ち物はこれ!ファミリー層への販促におすすめのノベルティ

季節向け

シーズンごとにわかりやすく季節感を意識した商品が効果的です。

おすすめカテゴリー

春夏:クールタオル、ハンディーファン、接触冷感ひんやりアイテム
秋冬:ブランケット、手袋、カイロ、あったかアイテム

企業向け

ビジネスマンが使いやすいシンプルで実用的なノベルティグッズがおすすめです。

おすすめカテゴリー

手帳、カレンダー、ボールペン、電波時計

展示会・イベント向け

たくさんの人に配布し集客を促したいイベントでは、安価な「ばらまきグッズ」がおすすめです。また「食品関連」のイベントであればスポンジや洗剤、「キッズ関連」のイベントであればハンカチやキャラクターものなど、開催されている展示会やイベントの目的やテーマに合わせて選別するのがポイントです。需要と供給が高まるとイメージアップにも繋がります。

ノベルティのデメリット

企業のアピール、宣伝効果をもたらすノベルティグッズですが、メリットだけではなくデメリットもあるので、注意が必要です。

1.ノベルティ自体からは利益は出ない

比較的安価といっても、ノベルティの制作には少なからずコストがかかります。ノベルティグッズは基本的に無料で配布するものなので、ノベルティ自体からの利益はありません。

2.余りを保管する場所が必要

制作したノベルティが余ってしまった場合は保管場所が必要になるので、配布しきれなかった分に関しても考えておく必要があります。

3.マイナスイメージになることも…

品質の悪いものを配布した場合、イメージがマイナスになることも…ノベルティグッズは本来企業のイメージアップを目的としているものなので、受け取る側が不快にならないように十分に注意が必要です。また、メッセージ性が強すぎるものや社名やロゴが主張しすぎているデザインはあまり好まれないので避けたほうが良いでしょう。

まとめ

今回はノベルティグッズの目的と効果、またデメリットについて解説していきましたがいかがでしたか?ターゲット層を見極め、企業のアピールに最適なノベルティグッズを選ぶと、より効果的でしょう。企業のイメージアップに繋がる効果的なノベルティグッズ選びの参考になれば幸いです。

 

関連記事:ノベルティとは?ノベルティの目的を理解して販売促進に活用しよう。

関連記事:販売促進とは?意味や目的について分かりやすく解説&おすすめの販促品をご紹介!

記事検索

キーワード
keyword

カテゴリー
category